ほぼ毎日カレーを作っているので、ベースのソースは美味しくなるよう、日々微調整しております。

最近はトマトの量を少し減らして、デミグラスソースの様な濃厚な味を目指してます。

タマネギは強火で炒め始めて、段階を踏んで焦がさない様に中火まで45分前後炒めます。

コーヒーの焙煎と似ていますが、焦げる切る寸前のカラメル状の焦げがボディ感が出るポイントです。

スタータースパイスは、クミン・唐辛子・黒コショウ・ベイリーフを使います。

油は色々調整して使います。ひまわり油、菜種油、米油、グレープシードオイル、マスタードオイル。

パウダースパイスはコリアンダー、ターメリック、レッドペッパー、自家製ガラムマサラです。

 

カレー給仕寸前にテンパリングを行い香りを乗っけてます。

テンパリングには主に、クミン・マスタードシード・唐辛子・ニンニクを使いますが、

カレーの種類に応じて変化させています。